FC2ブログ

Miharu Kawakami Official Blog

広島のラテン ボーカリスト、河上美春のブログです。

河上美春【公式HP】ライブスケジュールCD INFOfacebook
2015-10-25-Sun-17-56

2015/10/28 (水)オリエンタルホテル広島ラテンナイト @1階New York Cafe

JPG2015年10月28日wAlvarオリエンタルH

すっかり秋ですね~

でも やっぱりラテンです。
秋の夜長を楽しくまったりお過ごしください

Vocal: 河上 美春
Miharu Kawakami
Piano:アルバル・カスティージョ
Alvar Castillo

2015年10月28日(水)
21:00, 22:00, 23:00
各約30分入替無し
Music Charge 540yen
オリエンタルホテル広島 Oriental Hotel Hiroshima
1階ニューヨークカフェ New York Cafe
Tel: 082-240-5567

水曜日はレディースデイ。
演奏中女性のお飲物が半額になります!

お待ちしてま~す
2015-10-17-Sat-11-18

花達よ、  本当にありがとう! (*^^*)







『頑張って咲いていてくれて、、
たくさんの素敵な出会いをくれて、、
たくさんのことを教えてくれて、、、
本当にありがとうね (*^^*) 』

展示を終え 家に持ち帰り、
生命をまっとうしてくれた花達に  心の中で何度も 感謝の想いを繰り返しながら別れを告げました。

名残惜しかったなあ。。。

グロリオサ
紫 オンシジューム
アスパラミリオクラダス
晒し みつまた

生け込みの為 会場に入るまで、 何を生けるのか わからなかった この度の花展。
特に「晒しみつまた 」は初めて生ける花材でした。
「これって水につけてもいいのですか? これは、カットしても良いのですか?、、、」
扱い方が わからず、先生にアドバイスをいただきながら奮闘。

なかなか思い描く形にならなくて試行錯誤の中、時間だけが過ぎていく、、足は痺れて痛いし、、立った時ふらついて周りの作品に迷惑をかけちゃったらとんでもないぞ!    でも何とかギリギリまで諦めたくない! もし 合格もらえなくて全て先生が 生け替えることになっても、せめて一本、二本だけでも自分の手で生けさせてもらえるよう頼んでみよう
生け込みはそんな必死な想いで夢中でした。

でも少し手直しをいただくも、なんとかそうはならなくて良かった!

ホッとする車の中、涙しながら帰りました。

2015/10/11(日) ~ 13(火) (後期出展)
いけばな小原流創流120周年
広島支部60周年
青年部25周年
記念花展
福屋広島駅前店 8階にて

たくさんの方が作品を観に来て下さいました。

早朝から夜遅くまで設営その他のお手伝い、想像以上に大変な舞台裏を経験。
音楽も同じですね
でも舞台裏も全部含めて生け花。

それにしても この道何十年のベテラン先生方、必死で  汗で フラフラの私に対して、いつも キリリ と エレガント、涼しいお姿、、いったい どれだけの体力なんよ! と、毎日驚きながら 憧れる生き方に触れられ たくさん元気をいただきました!

全てに感謝! 

皆さん、本当にありがとうございました!

これからも頑張ります
2015-10-09-Fri-00-17

いけばな小原流120周年記念祝賀会

2015/10/8(木)
いけばな小原流120周年
広島支部60周年記念花展祝賀会
リーガロイヤルホテルにて開催されました。

まだまだひよっこの私は、一生のうちにまたお会い出来るかどうかわからない、そして普段は雑誌の中でしか拝見できない雲の上の家元や 幹部先生方、憧れの先生方にお目にかかれて、感激の嵐(笑)。
(超ミーハー(笑))

皆様の作品も、お話される内容も 奥が深く感動的でした。

私は後期10/11~13 (広島福屋駅前店8階)に参加致しますが、
このような大きな記念花展に参加出来るのはこの先また10年後にあるかないかだそう。ありがた~~~く頑張らせていただきます!

いやしかし、昨日は早朝から夜遅くまで 花展準備のお手伝いをしましたが、一日中立ちっぱなしで 帰宅時にはヘトヘトだったし、今日は足がむくんでました。
なのに、同じように、またはそれ以上に動きまわる年配の先生方の年齢を感じさせない体力と気品 、お姿に、私もこの様に年を重ねていきたいものだと、あこがれを抱きながら 人生勉強をもさせていただいているようでした。

それに、生け花はスポーツだ!
と思うほどの重労働と 根気、時間との戦い、チームワーク、想像できない量の花木を生ける先生方にずっと圧倒されまくりでした。

花展をご覧になったことがある方もない方も、見応えあり! ぜひ 足を運んで楽しんでいただきたいです。







家元作品
(ブログのお写真では迫力が伝えきれません。ぜひ実物をご覧ください!)