FC2ブログ

Miharu Kawakami Official Blog

広島のラテン ボーカリスト、河上美春のブログです。

河上美春【公式HP】ライブスケジュールCD INFOfacebook
2015-07-03-Fri-09-24

心の友とランチ

Nora-sanからリーズナブルでお勧めのメキシカンレストランがあると聞き、代官山駅から徒歩5分の
Hacienda de Cielo へ。

9階のテラス席はとても気持ち良く、お昼早くから店内は満席で、大人気のレストランです。

高校生時代からの親友と、お昼ですが お酒も飲みながら(笑)、美味しいランチを楽しみました。



このお友達、実は私に若い頃 素敵な心を教えてくれた人。

照れるから 本人に直接伝えたことはないけど(笑)。

高校一年、まだ下関に住んでいた頃、彼女と私はいつも同じバスに乗って登校していました。

で、ある日、いつものように満員バスの中、ガールズトークをしながら 乗っていると、途中のバス停で、通りの向こうから、同じバスに乗ろうと一生懸命走って来た人がいました。

バスは満員で、運転手さんに入り口のあたりがよく見えていたかどうか わからない中、、出発前バスが半分ドアを閉めかけている時に、その人がバスに追いつきました。

でも、もう半分以上締まりかかったドア、、
どうなるだろう、、、と思いながら見ていると、運転手さんが気づいたようで、ドアを再び開けて、その人はバスに乗る事が出来ました。

その瞬間、彼女が、

『あ~~~~!! 良かった~~~!!(≧∇≦)
あの人 バスに乗れて良かったね~~~!! ドキドキした~~! 』
(≧∇≦)

と言ったんです。

一方、私は、

『うん、そうやねえ。(^o^)』

と応えながらも、
視野に入っていたその展開を、ただ どうなるかなあ、、と『漠然と』見ていただけで、彼女のように、一生懸命に走って来たその人が、バスに乗れて本当に良かった!!などと、感嘆符が混じるほどの心の動きは無かったのでした。

だから、彼女のその言葉を聞いたその瞬間、もう高校生でもある私の それまでの人生、自分が関わっていること以外、そんな風に知らない人のことまで、自分の事のように喜んだり、感じたり出来る心を持ち合わせてなかったことに気づいたのでした。

大変なショックでした!

それに気づいた瞬間、自分のことがすごく恥ずかしくなり、彼女の事を尊敬しながら、あらためて大好きになりました。
いつも こんな風に 素敵な心を持っていられたらいいなあ、って本気で思ったのでした。

そして、その時の衝激の思いは、もちろん、私のそれからの人生をより良いものに変えてくれたこと、今でも彼女と親友でいられることへの感謝と幸せに繋がっていることに疑いはありません。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://blog.miharuvocalist.jp/tb.php/13-011586eb